倉敷市立自然史博物館での出来事

アクセスカウンタ

zoom RSS ケシロヨメナ

<<   作成日時 : 2007/12/21 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月15日の平成19年度日本植物分類学会講演会で,「ケシロヨメナ」の話題がでました。
徳島県立博物館の小川さんから以前,マークしておくようにと言われてはいたのですが,そのままになっていました。
いがりまさしさんの「日本の野菊」が出版され,名前を調べる環境も整ったので,瀬戸内市で採集された標本を見直すことにしました。

すると,茎や葉裏の毛の多少だけでなく,葉裏脈上の毛の長さや向きにも違いのある2種類があることに気づきました。写真のスケールは1目盛りが1mmです。

葉裏脈上の毛は斜上し,短い。→おそらくこれが「シロヨメナ」
画像


葉裏脈上の毛は開出し,長い毛が混ざる。→おそらくこれが「ケシロヨメナ」
画像


標本をお持ちの方は,ご確認ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ケシロヨメナ 倉敷市立自然史博物館での出来事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる